島ぐらし

沖縄の冬至(トゥンジー)の意味と過ごし方 ジューシーの作り方もご紹介

2021年12月2日

スポンサーリンク

冬至は一年で夜が最も長い日です。沖縄のこの時期は強い季節風が吹き、「トゥンジービーサ(冬至の寒さ)」と言います。

本土の冬至では「冬至のかぼちゃ」や「ゆず風呂」を思い出しますが沖縄の冬至は少し違います。
沖縄の冬至をご紹介しますね!(^^)!

沖縄の冬至とは?

沖縄では冬至を「トゥンジーショーグァッチ(冬至正月)」ともいい、中国の歴史や風習のなごりが関係しています。
古代中国では、冬至は太陽運行の出発点とし、正月行事としていた風習があったと言われています。
冬至の次の日からは昼が長くなっていきますよね!
これを一陽来復いちようらいふく(陰が極まり、太陽が蘇る日)と考えられています。

冬至を境にどんどん陽が長くなります。冬至の翌日は新年という気持ちを持って明るくいきましょう!また、冬至の翌日からはどんどん運気が上がっていきます!
冬至の日は一年に感謝する日として考えてもいいですね。

冬至に食べるトゥンジージューシー(冬至雑炊)

古代より太陽が最も弱くなる日と考えられていたので、沖縄では冬至の日にトゥンジージューシー(冬至雑炊)という炊き込みご飯をつくり、活力の回生を願う重要な行事となっています。

またジューシーを火の神(ヒヌカン)と仏壇にお供えし、家族の健康と子孫繁栄を願います。
普段食べるジューシーとの違いは 田芋や里芋などの芋類はがいることです。

昔は、豚の三枚肉の煮付けに、ターンム(田芋)や里芋などのイモ類を混ぜた水分の多い雑炊を食べていたそうです。

田芋

田芋は水をはった田んぼの中で育つお芋です。旬は11月~2月。田芋の人気の食べ方は
「どぅる天」「どぅるわかしー」などです
また、親芋、子芋 孫芋と連なっていることから子孫繁栄の縁起の良い食べ物として欠かせない食材です

今日の家庭では芋類を入れない普通のジューシーを冬至で食べる家庭がほとんどです。

トゥンジージューシーの作り方

きちんと言うならクファジューシー(固めの雑炊)ですが、単にジューシーというのがほとんどです。またジューシーとは豚肉と豚肉のゆで汁を使って炊き上げるのが特徴です。

お芋を使ったジューシーをご紹介します。また、時間がある方はブロックの三枚肉を使ってくださいね!もちろん、バラ肉のスライスでもOK!


ズボラでもできるトゥンジージューシーです。

材料(4人分)

・米……3合 ・豚ばら肉……200g ・にんじん……1/2本 ・乾燥ひじき……15g
・干ししいたけ……4枚   田芋又は里芋…‥小~中3個ほど

■合わせ調味料
・豚のゆで汁+かつおだし+干し椎茸の戻し汁…3カップ(各1カップずつ)
・油……大さじ1杯(あればラードを使用)
・醤油……大さじ2杯 ・塩……小さじ3
・みりん……大さじ1杯 ・酒……大さじ1杯 
ピパーツの新芽・小口ネギ…お好みで

作り方

  • お米を水に浸し、炊く30分前に水切りをする。 
  • 干し椎茸を戻す。(戻し汁はとっておく) ヒジキも戻して 1センチほどに切る
  • 三枚肉は下茹でをし、5ミリ角に切る *豚のゆで汁はとっておく
  • 人参、田芋、を5ミリ角のさい目に切ります。干しシイタケも同じ大きさで。
  • 炊飯ジャーにお米3合を入れて その分量に合わせて 鰹、豚、干し椎茸の出汁を入れる。 
  • さらに具材の人参・田芋(里芋)・干し椎茸、豚肉 ひじきを入れる
  • 合わせ調味料の醤油(大2) 塩(小3) みりん・酒(大1ずつ)を入れる
  • 炊いてできあがり!サラダ油(大1)を入れて蒸らします。またピパーツの新芽があれば、同様に刻んでジャーに入れて蒸らしてください。
    ネギがあればよそってからパラパラーっと♪

お米を入れて、だし汁を炊飯ジャーの分量通り入れた後に具材を入れます。
その方がわかりやすいです。私は👆の分量にプラスして、昆布だしの顆粒も入れました。
上記の分量は味が薄めです。
また、サラダ油は三枚肉が多めなら必要ないかも。

材料の準備👆 田芋ではなく里芋を使っています。
お米と切った材料と出汁を入れて、合わせ調味料も全部入れる!

トゥンジージューシー

お芋の食感が良くて美味しいです!田芋でも試してみたいと思います。

普通のお米ともち米を3:1の割合で入れたら更にもちもちして最高です!
お試しあれ!!

お手軽なレトルトジューシー

冬至の日にはスーパーの目立つところにレトルトのジューシーが並びます。お米とまぜて炊飯器と炊くだけで美味しいジューシーの出来上がりです!

普段の夕飯にはこちらのレトルトを使います。簡単で美味しいですよ~
ジューシーをおにぎりにして海苔で巻いても美味しいです!

石垣島へ行こう!!

安全安心なJTBで

お得に航空チケットを♪

スポンサーリンク

-島ぐらし